1/20 桜ウィーゴと雪ウィーゴ

デカール+塗装でカスタム!

超・大人気「ウィーゴ」を使った作例です。モデラーにはもちろんのこと、弊社に来る別業種の女性の営業の方にもとても人気があります。また、ウィーゴの展示イベントなどには男女問わずファンがいらっしゃるそうで。期待の星です。

 

今回はハセガワ「1/20ウィーゴ」を題材に、弊社のデカールで2種が対になるようにカスタムアップした作例を紹介します。

 

今回行ったカスタムは、塗装+デカール貼り+電飾追加です。 

 

 

例年は期間限定で発売しておりました両デカールですが、本年2017年は通年発売を予定しておりますので在庫がなくなった場合は少しお待ちいただけますと復活します。2018年以降は再生産未定ですが、2018年3月頃までは販売予定でおります。

 

余剰器材を動かして作っているため、一度に数が作れません。

そのためオンライン直営店のみでの扱いです。どうぞご了承下さい。

電飾工作の解説

電飾!とは言っても難しいところはありません。ワンタッチLEDシリーズは、文字通り「挿すだけ!」。

ハンダ付け不要(その代わりに自作と比較すると安価ではないですが)のワンタッチLEDシリーズは、電飾について新しく技術を身につけたりハンダ関係の道具用意が不要。今回のプラモだけにサッと使いたい方にオススメです。

ワンタッチLEDシリーズ
今回使用したアイテムです。ヘッドライトもテールランプも同じ構成です。ハンダ付けは不要です。コネクターを差し込むだけで配線できます。※記事の最後に使用したパーツリストがあります。

ウィーゴ

ヘッドライト(眼)にLEDランプを取り付ける工作。 取り付け場所のセンターにケガキ針などで印を打ってから、1mmのドリルで穴を開けます。 丸棒やすりで少しづつ穴を広げ、LEDランプがピッタリはまるちょうどいい大きさまで穴を広げます(LED部は約1.6mm幅です)。

 

この後、接着剤(ハイグレード模型用セメダイン)を塗り、クリアパーツをはめ込みます。キットのパーツでも良いですが、光を拡散させたいので今回はGEMドームクリアM(3.5mm)を接着します。アクリルやプラパーツに比べて屈折率が非常に高いため、光が拡散します。光源のチップが見えないくらい拡散しますので、電飾工作にとても向いています。

ウィーゴ
加工前の画像
ウィーゴ
加工後の画像。お尻ハッチにスイッチを仕込むため、脱着できるように工作します。本体側にネオジム磁石、フタにマグネットセッターまたは同じく磁石を接着します。
ウィーゴ
丸い部分がちょうどテールランプの内側に接しますので、同じくLEDランプを設置します。スイッチはハッチ内に縦に設置するとちょうど収まりが良いです。
ウィーゴ
裏側の写真。赤矢印の箇所にLEDランプが取り付けてあります。
ウィーゴ
配線が余った場合は結束バンドなどでまとめておくと配線切れなどのトラブルが減ります。

使用したパーツ一覧

カラーレシピ

G=ガイアカラー 

 

桜ウィーゴ

・外装ホワイト、フレーム含む

[G]バーチャロンカラー ウォームホワイト

 

・外装ピンク

[G]ブリリアントピンク

 

・メッキパーツ(メッキ落し処理含む)

[G]ニュートラルグレーV

 

雪ウィーゴ

・外装ホワイト、メッキパーツ(メッキ落し処理含む)

[G]サーフェイサーEVO ホワイト

 

・外装ブルー

[G]コバルトブルー:20%

[G]バーチャロンカラー アイスコバルトブルー:50%

[G]蛍光ブルー:30%

 

・外装イエロー

[G]燈黄色

 

・フレームグレー

[G]ニュートラルグレー3:40%

[G]ニュートラルグレー4:20%

[G]パープルバイオレット:40%

 

共通

・テールランプ

[G]クリアオレンジ(ウインカー部)

[G]クリアレッド(ブレーキ部)

作例担当:長崎さとる