2017年4月中旬発売予定「FXパイプ」

半球型接続の新型「FXパイプ」

つなぎ目を半球型にした新形状のパイプアイテム。エネルギーパイプなどの表現に最適です。芯にスプリングを使用するタイプより扱いやすく、中心に開いた穴に柔らかい直径1ミリのアルミ線などを芯として通し、パーツ同士を連結します(連結に必要なアルミ線は商品に付属しません)。凸部が受け側の凹部の中に入るため、中に通した芯が外側に露出しません。「FXパイプ」と別売の「FXジョイント(A+Bパーツで1ペア)」を使えば取付時により扱いやすくなります。

 

素材アルミ

S=シルバー ニッケルメッキ済 日本製


実質パワーパイプファミリー(ハーフ、エンド含め)の後継に当たるシリーズです。すでにパワーパイプは流通向けの出荷は終了しておりますが、在庫限りで廃盤になります。今回はメッキまで視野に入れた設計なので、パワーパイプシリーズでは叶わなかったメッキ、ブラックニッケルメッキ、金色メッキなどにも挑戦したい考えです。

 

MZパイプなどは、芯材→スプリング→MZパイプと3層構造になるため、芯材とスプリングとの固定が上手くできていないと中でずれてしまい、扱いにくいシーンもありましたが、FXパイプでは芯材のみで固定できるため、芯材だけが動いて接続しにくいということはありません。FXパイプ同士は凸部の半球形が露出するだけですので、芯材が外側に見えることはありません。

塗装できないことはないですが、バラバラで塗装してから組み付けるよりは、完全に固定して1部品として塗装した方が良いと思います。接続部の隙間は無塗装時で調整しているため、塗装後に組み合わせると確実に接続部の塗装がはげます。

 

岬光彰氏

凹凸の接続方法に関して、岬光彰氏の案をベースに設計を進めました。興味のある方は氏のブログをさかのぼってみて下さい(ご協力いただきましてありがとうございました)。最終的な設計は弊社の責任で行っておりますので、製品の不具合のご報告やご指摘などは必ず弊社までお願い致します。

システム紹介

製品は、「FXパイプ」と、A・Bパーツのペア「FXジョイント」に分かれています。

入り数などは記事末をご覧ください。

 

FXパイプは中間の長さを調節できるものです。

ジョイントAは、半球形の接続部を覆い隠す形状です。

ジョイントBは、始点(または終点)を接続する形状です。

 

画像にはありませんが、真ん中に開いている穴(共通サイズ。直径1ミリサイズのアルミ線を推奨しています)にアルミ線を通してパーツ同士を接続します。

FXジョイントパーツは、上手く樹脂パーツで工作できる方は問題ありませんが、末端処理を簡単にできる別売の部品です。より扱いやすくなります。


サイズの参考に。直線で組み付けた時の長さ。ジョイントを除く部位を計測

詳細は商品画像で。

  • FX2.5mm 約46mm
  • FX3.0mm 約55mm
  • FX4.0mm 約74mm
  • FX5.0mm 約90mm

拡大図です。穴の中を通す芯は柔らかいアルミ線を推奨です。柔らかさの相性が良かったのは自遊自在の0.9mmの金属線で、手芸店やホームセンターなどで扱いがあります。上記の写真は曲げの最大ですが、この場合に中を通る芯は直線ではありませんので、曲げの角度に合わせて金属線を添わせることが必要です。


上の図では板への取り付けを例としています。ジョイントB取り付け部にはジョイントBの形状に応じた穴開けが必要です。


製品名/型番/JANコード/定価

 

 FXパイプ S2.5mm(20個入)

FXP-S25

4573211372564

700円

 

FXパイプ S3.0mm(20個入)

FXP-S30

4573211372571

750円

 

FXパイプ S4.0mm(20個入)

FXP-S40

4573211372588

800円

 

FXパイプ S5.0mm(20個入)

FXP-S50

4573211372595

850円

 

 

※FXジョイントはジョイントA+Bが1ペア

 

FXジョイント S2.5mm用(4ペア入)

FXJ4-S25

4573211372649

300円

 

FXジョイント S3.0mm用(4ペア入)

FXJ4-S30

4573211372656

320円

 

FXジョイント S4.0mm用(4ペア入)

FXJ4-S40

4573211372663

330円

 

FXジョイント S5.0mm用(4ペア入)

FXJ4-S50

4573211372670

350円