SX-25 カトラス 塗装・カスタム例「ミントカトラス α-9」

ミントカラーのカトラス

使用したキットはコトブキヤ・フレームアームズシリーズ「SX-25 カトラス」です。

成型色だと赤色の部品をミントグリーンに塗装して、デカールの使用例としました。

一時期販売されていた大瓶のグレッシュグリーンを使いました。現在のラインナップで代替カラーがあると思いますが、詳細不明。グレー部分は未塗装です。

ガイアカラー「VRフレッシュグリーン」

ガイアカラー「ガンメタル」


コーションマークは、グレー部分にはグレー&オレンジ、ミントグリーン部分には・ホワイト&グレーを使っています。キットのスケール表記は1/100ですが、部品割が細かいので、弊社スケール表示の1/144デカールのほうがよく似合うようです。

1/144 グレー&オレンジ RB01コーションデカール (1枚入) [RB01-144GAO]

1/144 ホワイト&オレンジ RB01コーションデカール (1枚入) [RB01-144WAO]


スラスターの中にはめ込みました。異径の組み合わせでスリット開口のダクトっぽくできます。

リング&ダクト1 ステンレスシール(1枚入) [SSPE-RAV01]


羽のマーク

フェザー スーパーホワイト CFデカール24(1枚入) [CFD24-SWH]


αのマーク

ギリシャ小文字1 スーパーホワイト CFデカール30(1枚入) [CFD30-SWH]


9の数字

NEO B スーパーホワイト CFデカール26(1枚入) [CFD26-SWH]



センサー部はオーロラグリーンシールを小さく切って貼っています。

オーロラグリーンシール(1枚入) [ADS-GR]

デカールは貼り付けたところと貼り付けていないところの段差が目立たなくなるように、クリアを吹き付けて段差を消してあります。

クリア塗装→紙ヤスリなどで削る→クリア塗装→つや消しクリアで仕上げです。


クリア塗料の溶剤との希釈割合ですが、クリア1:溶剤2でずっと塗装していたのですが、これではデカールのフチにクリアが乗りにくく、段差消しには適さないようでした。

クリア1:溶剤1.2〜1.5くらいにすると濃度が上がり、段差のフチに塗料が乗せやすいようです。


機体各部に入っているオレンジのワンポイントは、三菱「ポスカ」の「橙」を塗っています。ペンのままでは細かい塗装がしにくいので、パレットに出してから面相筆で塗装しています。塗ったままでは剥がれやすいので、(特にエナメル塗料でスミ入れをすると剥がれてしまいます)薄くクリア(模型用ラッカー系を使いました)でコーティングするように塗装してやると剥がれにくくなります。