SIJデカールの貼り方 コツさえつかめば!?

超薄の代償で

SIJデカールというのは、弊社での呼称で、弊社が小ロット多品種を目的に開発した方式(特許出願済)です。一般的な呼称ではありません(一般的な呼び方で代替は存在しません)。SIJデカールのいくつかある特長の1つに、極薄で段差に馴染むことがあるのですが、それが良い点でもあり、劣っている点でもあります。

このデカールを市販のシルク印刷デカールや、オフセット印刷デカール(昨今のイラスト入り、いわゆる痛車用など)のつもりで扱うと、失敗しやすかったり、貼りにくくなったりしますので、SIJデカールの特別な扱い方について解説していきます。といっても、「水転写デカール」の域外ではないので、慣れれば簡単ですし、仕上がりも良くなります。SIJのほかの利点についてはいずれ。ややこしい。

本当は簡単なデカールの貼り方(通常版の参考にも!)

デカール貼り貼りセット! SIJデカールに特別必要な物はないですが、デカールフィクサーがあったほうが貼りやすくなります。大事なのは扱い方。筆大事。デカールをスライドさせるときの負荷が少なくなって、スライドさせやすい&ノリが強化されます。

 

  1. キムワイプ(使いふるしの布でもOK。毛羽立たないティッシュも可)
  2. デカールフィクサー(マークセッターでの代用不可。溶けます)
  3. デカールはさみ
  4. 対象物(今回はフレームアームズのシールド)
  5. デカール(SIJデカールの今度出るもの)
  6. ピンセット(弊社ではKFI ピンセット K-42推奨)
  7. タミヤモデリングブラシHF平筆No.2 ITEM87047(これ大事)

 

8番の筆は大事。綿棒でデカールを持って滑らせている人には筆を渡したい。

実践あるのみ!

デカールをシートから切り取ります。台紙が白色ですが、いずれ青色になります。裏に水が染み込んだらすぐに水から上げます。

キムワイプの上に、柄面を上にして置きます。裏面に水が染み込んでいますので、その水分がノリを溶かし、柄面と剥離させる仕組み。。。なので、そんなに長く水に浸ける必要はないです。裏面が和紙っぽいのはそういう意味なので。

初心者が失敗しがちなのは、ここですね。水につけっぱなしにしてしまうとかですね。

<SIJデカール特有の工程>

周囲に透明膜があります。これをピンセットで取り除きます。取り除かなくてもいいですが、あとでデカールと塗装の合間で発見されると、焦ります。

<SIJデカール特有の工程>

これが取り除いた透明膜。カットが入れてあるSIJデカール(ヘックス迷彩用デカールは各自が切り取る方式)は周囲の透明膜を取り除いてください。

デカールのノリが乾いてしまう前に、貼る面にデカールフィクサーを塗ります。これを塗ることで、デカールが滑りやすくなります。もともとノリ強化の目的や、水性塗料の上に使えるデカール密着剤のつもりでしたが、滑りやすくなる、これ良い点。

右手は添えるだけ。左手で台紙を抜き取る。これスライドマークの基本的な貼り方。筆はよく水に濡らしておいたほうがいいです。SIJデカールは薄々のために、綿棒などで引っ張ると力が強すぎて歪みます。なので、筆で。筆必須。NCデカールもこの方式を推奨です。

続き。位置の調整も水を含ませた筆で行います。

水の拭き取りと、シワ伸ばしも筆で。

キムワイプ筆の水吸収→デカールの水取る→キムワイプで筆の水吸収

これで。

デカールのノリが乾きかけて、動かなくなったら、フィニッシュマスターや、綿棒などで圧着させます。筆でもできるけど、圧着大事。ノリが乾きかける前にコロコロすると、デカールが剥がれてきますので、動かなくなってから行います。

で〜きた〜

できた!と思ったらシワがまだ。あとで筆で修正しました。完全乾燥後にシルバリングしてたら修正して、剥がれを防止するために、ガイアノーツ社EXクリアーを薄吹きしました。クレオス「スーパークリアIII」推奨です。

横っちょにハチを貼りました。

ナンバーも貼ってみましたよ。